Home > エフェクター > | エフェクトボード > 17年前のエフェクターボード

17年前のエフェクターボード

結局練習用のエフェクターボードはこんなんになりましたけれども、
100427_0016~01.jpg

Small Clone がデカイので諦めて、そのかわりに中にあるトリマーを調節してかかりを弱くした Pickle Vibe を入れたんですけども、やっぱりコーラスとヴァイブは似て非なるものなので、コーラスを入れたい。 Nova Modulator はメインボードに組み込んであるので、バラすのが面倒だし、じゃあどうするかなー?と思案したところ、押し入れに眠ったままになっている、高校時代に購入したエフェクターボードがあるのを思い出して、ほじくり出しました。

それがこれ。


100427_0018~01.jpg
ESP のステッカーは、確か当時ラウドネスの高崎氏が使ってたランダム・スターがESP製だったこともあり、憧れブランドの一つだったわけです。高級ギターのイメージがあって、高校生の分際では買えなかったですねぇ。今は色々と廉価版もありますけれども。あと、猛烈に懐かしい「夢番地」のバックステージパス。

当時は、コンサートの警備スタッフのアルバイトによく行ってたので、服にステッカーを貼って会場をウロウロしておりました。警備スタッフで行ったのに、たまに PA のスタッフ、例えばミキサーさんなんかに声かけられて、「ちょっと手が足りないから、君は僕の助手」なんて言われて、卓の横に座ってたこともありましたなあ。懐かしいなあ。あと野外のステージでも、警備スタッフで行ったつもりなのに、機材の入れ替え係りに任命され、選民意識をくすぐられて、猛烈に嬉しくてウットリして怒られたこともありましたなあ。懐かしいなあ。八の字巻きを覚えたのもこの頃。

しかし最近懐かしむことが多いような気がするんですけども、これも年齢を重ねている証でしょうかどうなんでしょうか。

で、そのほじくり出したボードのサイズは、内寸で 54センチ×34センチ。程よい大きさです。私の持っているボードのラインナップのなかでは、まさに中型サイズ。大きすぎず小さすぎず、憎らしい大きさ。それに、なんかね、頑丈。フレームのアルミも分厚いし、蝶番もしっかりしているし、何もかもがちょっと分厚い。その分重いけど、当時、高校生の分際でそんなに良いものが買えるわけでもないし、これはこれでごく普通の当たり前の製品だったように思う。それなのにこんなにしっかり作られている。今はなんでもかんでもペランペランになってる。自転車も鍋もガスコンロも、色々と薄い。薄すぎる。

えーと、なんだっけ?ああ、ボードです、ボード、エフェクターボード。このサイズなら十分だな。十分。ライブ用の曲目が固まるまでこれで行こうこれで。

Home > エフェクター > | エフェクトボード > 17年前のエフェクターボード

Sponsored link
Facebook
Categories
twitter
Archives
Feeds
Track Feed
    track feed guitars.grrr

Return to page top