Home > エフェクター > | マルチエフェクター > LINE6 の新しいマルチエフェクター M9

LINE6 の新しいマルチエフェクター M9

610167.jpg

およそ1年前に発売された、LINE6 のスイッチだらけの、ちょっとヤケクソ風味も感じられる巨大マルチエフェクター、M13 のちっこい版が出たみたいなんです。出るみたい、かな。どっちだろう。

そこで公式見てみると、www.line6.jp のほうにはまだ載ってないのですが、jp.line6.com には載っているという悩ましいこの二重構造。

Line 6 - M9 Stompbox Modeler - Guitar Multi Effects Pedal

100以上のエフェクト内蔵で、24通りの組み合わせを保存でき、28秒のオーヴァーダブ出来るルーパーが付いてて、エクスプレッションペダルも同時に2台使えるよ、でも、アンプモデリングは入れてないよ、ということで、M13 同様、純粋なマルチエフェクターなわけです。

で、M13 と M9 とでは、大きさ以外に何が違うの?という当然出てしかるべき疑問に対する回答もちゃんと用意されております。

Line 6 - M9 Stompbox Modeler - Guitar Multi Effects Pedal

なんと内蔵エフェクトの数は同じ。ただ同時に使える数と並べられる数(?)が一つずつ少ないのと、保存できるシーン数が半分になってる。あとは画面の数と、センドリターンの有無ぐらいでしょうか。これは、M13 は良さそうだけど、機能が凄そうで使いこなせるかどうかちょっと不安、それに高いし、なんて人には最適ではないのか?果たしてその価格は?

というわけで価格情報。

329.99英ポンド = 4.72273018 万円

369.00ユーロ = 4.81315865 万円

想像してたよりも高かった...


一方、親分の M13 は、今回フリーアップデートということで、

「だいたい30パーセント増えるぜ!イヤッホウ!」

みたいなことが書かれてありますので、お持ちの方はどうぞ。

LINE6 M13 をサウンドハウスで見てみる。
↓↓↓

2009/10/07 追記:

Line6、「M9 Stompbox Modeler」をリリース!(100以上のエフェクトを装備したストンプボックス) - MusicMaster.jp ?音楽制作ポータルサイト? News

 Line6から100種類以上のエフェクトを装備したストンプボックス「M9 Stompbox Modeler」がリリースされた。この「M9 Stompbox Modeler」は、 DL4 Delay ModelerやDM Distortion Modeler、FM4 Filter Modeler、MM4 Modulation Modeler、Verbzilla、Echo ProといったLine6製のユニットから移植したエフェクトを、3つ組み合わせて同時に利用できるのが特徴で、まるで3台のエフェクターを並べたような感覚で音作りが行なえる。また、最大24個までの異なるエフェクトをアレンジ、または「シーン」として作成する事も可能で、内蔵されたルーパー機能でフレーズを繰り返し録音・再生プレイすることもできる。なお、国内での発売は12月下旬が予定されている。

年末ですか。

2009年12月4日追記:
値段出ました。
LINE6 M9 Stompbox Modeler ギター用マルチエフェクター
LINE6 M9 Stompbox Modeler ギター用マルチエフェクター

でかいほうが安いという悩ましいことになっています。

2009/12/11 追記:

サウンドハウスから商品ページが消えたのはなんでだろうか。


【新品】Line6 M9 Stompbox Modeler【新製品!!先行予約受付開始!!】【ストンプボックスモデラー...

12月17日発売って書いてます。

Home > エフェクター > | マルチエフェクター > LINE6 の新しいマルチエフェクター M9

Sponsored link
Facebook
Categories
twitter
Archives
Feeds
Track Feed
    track feed guitars.grrr

Return to page top