Home > HardRock > | 音楽 > 高崎氏、二井原氏を批判する

高崎氏、二井原氏を批判する

AkiraTakasaki.com

今日が追悼ライブなのに大丈夫なんかな。高崎氏が見た映像というのはどれなんでしょうか。この中にあるんかな?

エントリーのファイル名がダブっておりました。ラウドネス追悼ライブのアンパン君のエントリーはこれ。
ドラムは北海道のアンパン君 - guitars.grrr

2月17日追記:

歌うこと・・・ - MINORU NIIHARA "ROCK ME BABY!!!"

二井原氏からの回答でしょうか。色々あったのですね。

2月20日追記:
高崎氏、本物のボーカリスト募集ということで、喉に覚えがあるかたは是非。

2月21日追記:
二井原実 BLOG 「R&R GYPSY」 | エキサイトミュージックモール : おいおい・・・あららら・・・
ちゃんと書かないからややこしいんですな。

2月22日追記:
今度は、タバコを吸わない、よく練習するベーシスト募集ということで、珍しく最後に感情表現されてます。

主旨を書かないからややこしいのですな。

Comments:4

しま 2009年2月14日 14:12

そういうタッカンの真っ直ぐなシビアさが、
ラウドネスというバンドを成長させたんだとも思いますし、
逆に後期のラウドネスからメンバーが離れていった、
原因なんじゃないかなとも勝手ながら推測してます。

コマーシャルなサウンドを求めたニイちゃんが・・・
釣りに没頭していたマー君が…

せっかく再結成したオリジナルのラウドネスが、
樋口っつぁんいなくなって、
まとめられなくなってバラバラとか嫌ですし。(T T)

それこそ、樋口っつぁんは望んでいない気がします。


と、私の中のメンバー像で勝手に妄想しました。(爆)

本当の事は、本人達にしか解らないと思いますが、
あまり、公にして欲しくない発言ですね。

Kin 2009年2月14日 22:14

しまさんのこれ、

>>公にして欲しくない発言ですね。

これに尽きます。高崎氏の言わんとするところはわからんでもないのですが、それは裏側で話し合えばいいだけのこと。この発言はすぐに消されるに違いない!と思って魚拓取ったのですが、ずっとそのままでちょっと予想外でありました。

追悼ライブがうまく行っていればいいのですけれど。

TOSHIKI 2009年2月15日 12:10

私もタッカンのブログのコメント気になっていました。しかも、ライヴ前日だっただけに...。

世界進出を本格的に視野に入れた活動でラウドネスを継承していくことが昨晩のライヴでも宣言されていましたが、ボーカリストをチェンジする可能性もひょっとしたらあるのではとも推測しています。

昨日のライヴに行きましたが、メンバーの入魂たっぷりの演奏で、感動しました。アンパン氏のプレッシャーの中でも精一杯がんばった姿にも心を打たれるものがありました。

たとえどのような方向に行こうともラウドネスを追いかけていこうと思います。

Kin 2009年2月15日 22:34

TOSHIKIさん:
ライブ行かれたのですね。他の所でも読みましたが、無事に終わったようでなによりです。なにより、というのも普通なら変な話ですが、よりによってライブ直前にあんなこと書くのですから、やきもきしてしまいます。

二井原氏再び解雇の可能性ですね。両氏のブログの文章から受ける印象からすると、もうなんか全く別世界の人種のような感じですから、適度に付かず離れずで気長にやっていってくれるのが一番いいような気もしますけど、それが出来たら苦労せんわ!ちゅう感じでしょうか。

Home > HardRock > | 音楽 > 高崎氏、二井原氏を批判する

Sponsored link
Facebook
Categories
twitter
Archives
Feeds
Track Feed
    track feed guitars.grrr

Return to page top