Home > エフェクター > | エフェクトボード > Pedaltrain で Go!

Pedaltrain で Go!

年末のバタバタと風邪ひきとで放置していた Pedaltrain ですが、やっと体調も回復しつつありますので、ボチボチと作業を開始致しました。

081222_2326~01.jpg
まず、ボード上に付属のマジックテープを貼り付ける。マジックテープの裏は、最初から粘着材がついている。

081222_2332~01.jpg
全てのレール上に貼った。粘着力は結構強い。マジックテープの裏に後から両面テープを貼るのと違い、粘着材そのものを塗布してあるような感じなので、マジックテープだけが剥がれることもなさそう。この時点で風邪ひいたので数日放置。

CA3B0063.JPG
電源関係をボード裏に固定。とりあえず 1Spot 2個と、Nova Modulator 用の12Vアダプタの計3個を固定。結束バンドでタップを締め上げた。

CA3B0064.JPG
とりあえず EXECUTIVE SOUND の入出力をまとめるアレの位置だけ決定。

CA3B0065.JPG
この後しばらくあーでもない、こーでもないと試行錯誤。レール2本に乗るように配置しないとグラグラするし、ペダルの裏に取り付けるマジックテープの位置も工夫しないといけない。ペダルの配置に関しては当初思ってたよりも自由度が低い。

CA3B0066.JPG
こんなんになった。G2D はレールに1本しか乗ってないけど、縦桟にも乗ってるのでスイッチ踏んでもぐらつかない。

CA3B0067.JPG
この後アダプタを結線して、パッチケーブルで繋ぐわけですけれども、平べったい通常のボードで組むよりも、レールの下から配線するので、ちょっと長めのパッチケーブルが必要になる。特にラインセレクター系でループ作ったりすると、余計に長いパッチケーブルが必要で、手持ちの George L's で行けるところまで行ったんですけれども、どうしても足りなくてひとまずここで中断。15センチとか20センチとかの Belden のケーブルは余ってるけれども、それじゃ全然短くて話にならないし、仕方ないので George L's のパッチケーブルセットを注文してしまった。これで結局 George L's のセットを 3 パック使うことになり、なんだかんだで高くついてしまうのだこれが。

年内に届くかな。

Home > エフェクター > | エフェクトボード > Pedaltrain で Go!

Sponsored link
Facebook
Categories
twitter
Archives
Feeds
Track Feed
    track feed guitars.grrr

Return to page top