Home > Guitar > | ピックアップ > ピックアップ換装 ケーブル通す穴が狭い

ピックアップ換装 ケーブル通す穴が狭い

080330_2157~0003.jpg

昨日は楽器屋への定期巡回。今回は、某政令指定都市内の楽器店10店舗コンプリートという、初の2桁の大台に乗せるという偉業を成し遂げました。「ヒマなだけちゃうんか」という声が今聞こえてきましたが、いいえ違います。決してヒマなわけではありません。ヒマどころか非常に忙しい。でもせっかく来たからには行かずにはいられない。その為、巡回中は大変早足です。さすがに昨日は、相棒から「もっとゆっくり歩いたれや!」と恫喝された次第。


それはともかく、今回の目的はピックアップ。ブリッジ側用は先日通販で DiMarzio Super Distortion を買ってあるので、今回はネック側用を買うのが目的。一応 DiMarzio のサイトで、名前に Neck とついてるものか、説明に"フロントに適しています"なんて書いてあるもののうちからチョイスする予定やったけど、楽器店10店舗というを見て回ったところ在庫が大変少ない。日に日に少なくなっているような感じ。置いててもショーケースの隅の方に追いやられて、明らかにしばらく誰も触ってないような状態。需要無いのか。さみしい。ただギターのオーダーに力を入れているあそこはさすがに充実してるけれど、あきらかに大幅に年上の客相手にいきなり馴れ馴れしく「いらっしゃい!」なので買ってやらない。あとタバコ臭いのもだめ。店内でタバコ吸い放題なのだ。俺はタバコ吸わないのでこれは無理。

で、途中に立ち寄った店が比較的充実してたけど、まあ最後に行く予定のいつもの店で買うか、と思ってスルーし、いざその最後の店に行ってみたらこれがまた品薄。というか Fスペースばっかり。フロントはノーマルにすると決めてたので、これではダメだ。仕方ないのでその周辺にある店を回って(このせいで巡回店舗数が一気に増えた)、そのうちの一軒にノーマル・スペースの PAF が置いてあり、値段もそんなに高く無かったのでそれに決めた。

飯食って家に帰ってごそごそしてたら結構遅い時間になってしまい、「また明日にするかな」なんて思ってたけど手が勝手に半田ゴテに伸びていたのでそのまま戦闘開始。

080330_2157~0001.jpg
元の状態。こういう鏡面状になっているものや光沢のあるの被写体の場合、撮影者が写ってしまっていることがまれにあるので気をつけねばならない。

苦労したのがケーブル通し。元のピックアップは2芯なので、ケーブルが大変細い。それに対し、今回買った DiMarzio は両方とも4芯なので、1.5倍ぐらいの太さがある。 SG のボディにあいているケーブルを通す穴が2芯に合わせてあるのか、あまり余裕がない。もうキチキチ。なんとか四苦八苦して通したけど、これに大変時間を取られた。腰痛い。

080330_2313~0001.jpg
なんとか取り付けた。

080330_2344~0002.jpg
弦とポールピースのピッチもだいたい一致している。以前はフロントのポールピースが弦からはみ出ていた。

肝心の音やけど、前はどうも腰がないというか、低音がごっそり抜け落ちているような感じやったけど、今回はそんなことは無い。Super Distortion はガツンと前に出る感じ。と思う。というかね、2本並べて弾き比べないと正確にはわからん。でも低域は明らかに増してる感じだけは間違いない。

PAF は、ちょっと明るくなったかな。丸みが無くなった感じ。まえはもうちょっとモコモコしてた。

なんてわかったようなわからんようなこと書いてみたりしましたが、要はまあパワーが増したので満足です。

サウンドハウスの売り場へ行く
↓↓↓
ハイパワーピックアップの草分け的存在!大ベストセラーモデルです。ファットで抜けのよいトーン。70-80年代ハードロックの定番アイテムです!

Comments:2

GIN 2008年4月 2日 14:03

良かったねぇプチ地獄。
今度弾かせてや。

でも恫喝はしてへんで。
歩いた後に激しく埃が舞ってたから言うただけ(笑)

Kin 2008年4月 3日 00:25

そうか、埃か!帰って靴底見たらだいぶ減ってたわ。

Home > Guitar > | ピックアップ > ピックアップ換装 ケーブル通す穴が狭い

Sponsored link
Facebook
Categories
twitter
Archives
Feeds
Track Feed
    track feed guitars.grrr

Return to page top