Home > Guitar > | ピックアップ > ハム・バッキング 選定中

ハム・バッキング 選定中

DiMarzio のいずれかのモデルにすることに決めたのは前回書いた通り。一口にハム・バッカーと言っても種類が多くて迷うのも前回書いた通り。が、落ち着いてよくよく見てみると、結構アーティストモデルが多い。スティーブ・ヴァイとかジョー・サトリアーニとかエリック・ジョンソンとか。残念ながらそれらの中に特に好きなアーティストもいないので、まずそれらは全部外す。次に低出力タイプも外す。そして、SG の弦間ピッチを計ってみると、ブリッジ側は Fスペース、ネック側は微妙なところだが、ノーマルスペースでいけそう。現状では、両方とも Fスペースと同じピッチのものがついているが、ネック側はあきらかにポールピースが外側にはみ出ていて気持ち悪い。、1弦から6弦までの幅が約49ミリなので、これならノーマルでいけるだろう。

ということで、候補は以下のタイプに絞った。

ブリッジ側
DP100 Super Distortion Fスペース 黒

DP155 ToneZone Fスペース 黒

ネック側
DP151 PAF Pro ノーマルスペース 黒

候補というか、まあ正直なんでもいいんです。最低限リアが高出力タイプであれば。もう面倒くさいから Super Distortion と PAF Pro でええわ。というか、在庫あるやつでええわもう。

Home > Guitar > | ピックアップ > ハム・バッキング 選定中

Sponsored link
Facebook
Categories
twitter
Archives
Feeds
Track Feed
    track feed guitars.grrr

Return to page top