Home > その他楽器 > DS がアナログシンセになる KORG DS-10

DS がアナログシンセになる KORG DS-10

DSがアナログシンセに タッチパネルで演奏も・「KORG DS-10」 - ITmedia News

1978年発売のアナログシンセ「MS-10」をデザインコンセプトとし、DSの2画面とタッチパネルを活用して操作可能。エフェクター「KAOSS PAD」や、直感的に演奏できる超小型シンセサイザー「KAOSSILATOR」と同様のタッチコントロール機能を備え、リアルタイムなサウンドコントロールとノート(音符)入力が可能。楽器初心者からプロまで満足できる仕様になっているという。

曲を作って演奏して、「で、それで?そのあとどうすんの?外部機器と MIDI で同期もできんのにどうすんの?それともエクスポートできるん?ただ遊ぶだけ?」などと思ってはいけない(私のこと)。こういう制限のあるものを創意工夫して次のステップに踏み出した瞬間にものすごいものが生まれるのだ。それがどのようなものなのかは、発想が貧困な私には皆目検討がつかないけれど。

でもリアルにできてるなあ。パッチコードをスタイラスで抜き差しするなんて、猛烈にやりたい。

KORG DS-10 | AQ INTERACTIVE

開発者ブログ
KORG DS-10 Blog

Home > その他楽器 > DS がアナログシンセになる KORG DS-10

Sponsored link
Facebook
Categories
twitter
Archives
Feeds
Track Feed
    track feed guitars.grrr

Return to page top