Home > HardRock > | 映画 > | 音楽 > というわけで Blue Oyster Cult

というわけで Blue Oyster Cult

Blue Oyster Cult といえば、ゲーム「Rock Band」にも採用されている曲、Don't Fear the Reaper

これが一番有名なのかな?

でも俺的にはやっぱりこれ。ゴッドジラ。いや、ゴッディラッ!かな。

改めて聞いてもやっぱり感じるけど、バンド名とか Don't Fear the Reaper(死神を恐れないで?) なんて曲名から来るイメージと比べると、歌声も明るくてちょっと爽やかで、曲もややポップ。もっと悪魔悪魔した、おどろおどろしいブラック・サバスみたいなイメージを膨らませて聞いたら拍子抜け。近所のオバちゃんの口から、「なんや、ほんまはエエ兄ちゃんやんか」なんて台詞が出てきそうなそんな感じ。

さてその BOC の公式サイトを見てみると、いきなり現れる赤い紋章。
Blue ヨyster Cult - Official Website←フォントが無いのでOが文字化け
そういえば「ロック座」なんかで売ってたBOCのプリントTシャツにもこの紋章が入ってたような記憶が無きにしも非ずやけど、これは公式に使ってるトレードマーク的ななものなのかな。あんまり覚えてないけど。

で、このマーク、つい最近 DVD借りてきて見た映画に同じものが出てた。

これ。この「イナゴ少女」現るっていうコピーで宣伝してたやつ。この中に、サタンの紋章として何度も出てくる。つい最近見たところなので、BOC のサイト見たときに、「ああ、BOC は悪魔悪魔のおどろおどろ路線で合っているのか」と認識を新たにした次第やけど、問題はこの「イナゴ少女」の映画。

タイトルは「リーピング」
意味は「刈り取っている」かな。死神が大きな鎌でごっそり首はねまくるイメージやろか?まあそれは置いといて、キャッチコピーが

「イナゴ少女、現る」

とか、

「あなたのクラスにも、(イナゴ少女)いませんか?」

なんていう風な感じでテレビでCM流したから、もうこれはイナゴの大群を引き連れた少女が、むちゃくちゃ暴れまくる映画やと思ってたのよ、見るまでは。ところがね、

まあ続きは詳しく書いてる人がいらっしゃるのでそちらで。もうまさに見たほぼ全ての人が思うであろう感想を正確な射撃で撃墜しまくっておられます。ただしネタバレしまくりなので、これから見ようと思ってる人は注意。ヒラリー・スワンク(ミリオンダラーベイビーのボクサーの人)は好きやけどなあ。

すきなものだけでいいです 『リーピング』

ヒラリー・スワンクギャラリー。けしからん写真も混在しているので、チェックして憤慨してください。
映画女優 Hilary Swank

以下宣伝。アマゾンのこの新しいウィジェットいいなあ。楽しい。

Comments:4

クモ膜勘九郎 2007年12月 5日 22:25

オイラその二曲が入ったアルバムもってるねん。何故かイエローマジックオーケストラと同時期に買ってん。

kin 2007年12月 6日 00:30

それはまた奇想天外な組み合わせやな。

クモ膜勘九郎 2007年12月 6日 23:01

その上「甲斐バンド」まで買っていたのだ。節操無いんですよ。

kin 2007年12月11日 15:25

甲斐バンドといえば、HERO のドーナツ盤買ったな。ちょっと時期が違うかな?

Home > HardRock > | 映画 > | 音楽 > というわけで Blue Oyster Cult

Sponsored link
Facebook
Categories
twitter
Archives
Feeds
Track Feed
    track feed guitars.grrr

Return to page top